クリティアにかかる電気代は月々いくら?

クリティアの電気代を商品電力から計算するには

スリムなクリティアのウォーターサーバーを見ると、冷却に必要な消費電力は80ワットで、公表されている数値を元にひと月の電気代が割り出せます。
80ワットは丸形の蛍光灯3基未満に相当するので、維持費はそれほどかからない事が考えられます。
動作は機器によって違うので、常に80ワット消費されるとは限りませんし、休止を行うのであれば、更に費用を節約する事が可能です。
クリティアで発生する具体的な毎月の負担は、契約する電力会社のサービスと単価に左右されるので、一つの例を出しても全ての人に当てはまる金額ではありませんから、この点に注意した上での計算が必要です。
消費電力を1000で割り、使用時間と日数に単価をかければ、目安となる料金が導き出せます。

水よりお湯の方が電力を多く消費する事実

クリティアの機器だけではなく、一般的にウォーターサーバーは、水からお湯を作り出したり、熱く維持する方が電気を多く消費します。
水に対しお湯を沸かすタイミングでは、5倍に迫る電気を使用しますが、いつも数値が安定するのではありませんから、極端に不安を覚える事は不要です。
しかし、一日の間に繰り返し湯沸しが発生すると、その度に冷却以上のエネルギーが消費されるので、家計に響く電気代が発生する原因になります。
電気ケトルや保温機器も、クリティアと同様に費用がかかるので、仕組みを考えれば避けられない負担といえます。
新鮮で安全かつ美味しい水が、いつでも最適な状態で飲めるので、サービスの費用と維持費の負担に納得し、生活が豊かになる事がクリティア導入の結果に大切です。

また、ウォーターサーバーはしっかり比較して検討する方が安く購入できることも多いので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>